飼料の原材料から店頭に並ぶまで!
ヨード卵・光誕生のしくみをご紹介します。

気になる箇所をクリックしてね!

生産農場[生産農場]

生産農場きれいな水、温度管理された鶏舎、おいしいたまごは健やかなニワトリに宿ります。

  • 水、エサ、ニワトリの健康状態と、いつも目配り気配りの日々。

    育成農場で120日齢まで育ったニワトリは、生産農場に運ばれ、独自の飼育衛生管理プログラムに基づいて、きれいな水と飼料、温度管理された鶏舎内で飼育されます。

    独自のプログラムに基づいて衛生管理された鶏舎。
  • 菌をシャットアウト!人も施設も車も、入るものはすべてきれいに!

    「ヨード卵・光」の生産農場は関係者以外の立ち入りを制限し、入口には消毒ゲートを備えて、車輌や人による細菌やウィルスの侵入を防いでいます。鶏舎に入るには、衣服や靴の履き替え、手や指の消毒の徹底を図っています。また野鳥などが鶏舎内に侵入しないように防止策もとっています。

    働く人たちの衣服はもちろん、
    すみずみまで消毒してから農場に入ります。
    生産農場に出入りする配送車の
    車両などは消毒ゲートを通ります。
  • オートメーション化された出荷作業

    産まれた卵は、鶏舎からベルトコンベアで温度管理されている集卵室に原卵として集められ、割れた卵などを取り除いたあと、GPセンターへ。

    卵は人の手に触れず、集卵コンベアで運ばれる。
  • たまごのために、毎日の掃除と消毒、毎日の検査

    鶏舎で働く人たちは、出荷や施設管理作業のほかに、毎日掃除や消毒をしています。また毎月のサルモネラ菌の検査など、安全な卵を送り出すための作業がたくさんあるのです。こういった生産農場は全国に約30カ所あり、すべての農場で衛生管理が行われています。

「ヨード卵・光が店頭に並ぶまで」
トップに戻る