教えて!たまご先生

教えて!たまご先生

知って楽しいたまごの情報をたまご先生がお届けします!
ページをシェアする
ページをシェアする
  • 豆知識

黄身についている白いひもはヒヨコを守る安全ベルト!

ページをシェアする
ページをシェアする

卵を割った時、黄身に白いひものようなものが付いています。これは「カラザ」と呼ばれており、黄身(卵黄)を卵の中央に吊り下げて安定させる役割をもつベルトのようなものです。カラザをよく見てみると、白いひもがグルグルとねじれています。これは卵が動いてもカラザがねじれていることで、ヒナになる大事な部分の「胚」を常に上向きにしておくことができるといった理由があるのです。

ポイント!

カラザは取り除かず、しっかりたべましょう。
カラザを取り除いてから食べていませんか?それはもったいない!カラザの成分は主にたんぱく質でできているため栄養価も高く、さらに「シアル酸」など体によい成分も多く含まれています。取り除かずにぜひ食べて下さいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています。