キーワード

れんこんとゆで卵のサラダ

早乙女孝子さんのレシピ

  • レシピを印刷
白露の薬膳

いまだ暑さを感じますが、秋の色合いが次第に深まる頃。早朝の草木の葉に白い露が見られるようになることから、白露と言われています。夏を引きずる暑さと乾燥した秋の空気の影響で、のどの痛みや皮膚のかさつきなどの乾燥による症状が出やすい時期。乾燥してしまった体を潤し、余分な熱をとって上げることが薬膳料理のポイントです。
薬膳料理でおすすめなのが乾燥した肺を潤す〝れんこん〟、血と水分を補うと考えられている〝卵〟です。

エネルギー
257.5kcal
塩分
0.95g(1食あたり)

材料・分量(4人分)

ヨード卵・光 3個
れんこん(乱切り) 300g
にんじん(千切り)  1/2本
パセリ(みじん切り) 大さじ2
たまねぎ(みじん切り)  1/4個
■ソースA
マヨネーズ 大さじ6
小さじ2
はちみつ  小さじ2
ひとつまみ

作り方

1 ヨード卵は固ゆでにし、殻をむいて4等分に切る。
2 にんじんの千切りとれんこんの乱切りは、それぞれやわらかく茹でる。たまねぎのみじん切りはふきんで包み、もみ洗いをして水気を切る。
3 ボウルにソースAの材料を入れてよく混ぜ、水気をよく切った1と2の材料とパセリを加え、全体を混ぜ合わせる。