キーワード

クルミのカルボナーラ

早乙女孝子さんのレシピ

  • レシピを印刷
霜降の薬膳

霜が降り始めることから名づけられた霜降。日本では霜が降るには少し早い時期ですが、気温は確実に下がり、山々では鮮やかな紅葉が目を楽しませてくれ、秋の様相が色濃く感じられるようになります。この季節に気になるのが乾燥。皮膚や頭皮にも感じられるほどの乾燥と深まる秋の寒さが、体に影響を与えると薬膳では考えられています。
おすすめなのが、薬膳で冷えを防ぎ、乾燥した体を潤す作用をもつと言われている”クルミ”と”卵”を使った料理です。食材が持つパワーを上手に使って、冬に備えましょう。

エネルギー
992kcal
塩分
2.8g(1食あたり)

材料・分量(2人分)

■卵ソース
ヨード卵・光 2個
粉チーズ 大さじ3
黒胡椒 適量
■クリームソース
ベーコン(2センチ幅に切る) 60g
生クリーム 50cc
牛乳 50cc
クルミ 60g
オリーブオイル 適量
 
スパゲッティ  200g
適量
イタリアンパセリ 適量

作り方

1 オーブントースターでクルミを2分ほど焼き、あら熱が取れたら包丁で刻む。
2 ボールにヨード卵を割り、黒胡椒と粉チーズを加えてよく混ぜ、卵ソースを作る。
3 塩を加えたたっぷりの熱湯で、スパゲッティを茹ではじめる。スパゲッティは指定の時間より短めの時間で硬めに茹でる。
4 フライパンにオリーブオイルを熱し、弱火でベーコンを炒める。ベーコンがカリッとなったら、生クリーム・牛乳・クルミを加え、ひと煮立ちさせたら火を止める。
5 硬めに茹だったスパゲッティを4のクリームソースに加え、手早く混ぜる。よく混ぜあわせたら、ソースごとボールの卵ソースに加え、再びよく混ぜる。
6 塩で味を整えてお皿に盛り、イタリアンパセリを盛り付ける。