キーワード

イカフライらっきょうのタルタルソース添え

早乙女孝子さんのレシピ

  • レシピを印刷
大雪の薬膳

北半球では昼間の時間が一番長くなり、夜の時間が短くなる頃。本格的は冬の到来です。お正月休みはもう目前ですが、師走の忙しさから心に余裕がなくなり、ストレスを感じている方も多いはず。ストレスは“気”の流れを停滞させ、お腹の張りや頭痛などの症状を引き起こします。ストレスを感じたときには、体内に流れる“気”のめぐりを正常にする作用を持つ“らっきょう”を使った卵料理がおすすめです。

エネルギー
365kcal
塩分
2.1g(1食あたり)

材料・分量

■タルタルソース
ヨード卵・光(ゆで卵) 2個
らっきょうの甘酢漬け(みじん切り) 40g
パセリ(みじん切り) 小さじ2
マヨネーズ 50g
レモン汁 小さじ1
少々
 
イカ(胴) 2杯
ヨード卵・光(とき卵) 1個
小麦粉 適量
パン粉 適量
胡椒 少々
少々
揚げ油 適量
キャベツ(千切り) 適量
パプリカ(千切り) 適量
レタス(ひと口大) 適量
レモン(くし切り) 1個
ソース 適宜

作り方

1 ヨード卵のゆで卵はみじん切りにして、タルタルソースの他の材料とよく混ぜておく。
2 イカの胴体は皮をむいて1センチ幅に切り、塩・胡椒・酒をふって10分ほどおき、下味をつける。
3 イカの水分をペーパータオルでふき取り、小麦粉、ヨード卵のとき卵、パン粉の順に衣をつけていく。
4 170度に熱した揚げ油で、きつね色に揚げる。箸で内側を広げると丸く揚がる。
5 皿にレタスと野菜の千切り、イカフライ、タルタルソース、レモンを盛り付ける。