キーワード

ふわふわ5色オムレツ

早乙女孝子さんのレシピ

  • レシピを印刷
啓蟄の薬膳

啓蟄(けいちつ)は、地中で冬眠していた虫たちが、春の陽気に誘われて目覚めはじめるという意味を持ちます。このように春は自然界がのびのびと「成長」を始める時期です。私たち人間も同じように、ようやく訪れた春の暖かさをうけて、活動的になります。自然のサイクルを見習って「早寝早起き」の生活習慣を心がけると良いでしょう。1日の原動力となる朝ごはんには、内臓のバランスをとる”青・赤・黄・白・黒”の5色を使った卵料理がオススメです。

エネルギー
238kcal
塩分
1.6g(1食あたり)

材料・分量(4人分)

ヨード卵・光 5個
砂糖 ひとつまみ
牛乳 大さじ2
小さじ1/2
アスパラガス 4本
プチトマト 4個
黄色パプリカ 1/2個
玉ネギ 1/2個
しめじ 1/2パック
適量
胡椒 適量
サラダ油 適量
揚げ油 適量
ベビーリーフ 適量

作り方

1 プチトマトはヘタをとり、半分に切る。黄色パプリカは横半分に切ってから細切りに、玉ネギは縦に細切りにする。しめじは石づきをとって、食べやすい大きさに切る。
2 アスパラガスは根元の固い部分を切り、はかまをとり除いて3等分にし、塩を入れた湯でかためにゆでる。
3 熱したフライパンにサラダ油を引き、アスパラガス、プチトマト、黄色パプリカ、玉ネギ、しめじを入れて炒める。塩と胡椒で味を調え、皿にとり出しておく。
4 ヨード卵の白身と黄身を分け、それぞれボールに入れる。黄身のボールに牛乳と塩を入れ、よく混ぜる。
5 白身のボールに砂糖を加え、泡だて器で混ぜてしっかりとしたメレンゲを作る。メレンゲができたら、気泡をつぶさないように4の黄身をふんわりと混ぜる。
6 熱したフライパンに油を引き、5の液の1/4の量を流し、ふたをして蒸し焼きにする。
7 オムレツに火が通ったら、3の具を入れて半分に折る。残りの生地も同様に焼き、ベビーリーフとともに皿に盛っていただく。